船舶検査

船検の種類

(1)定期検査
   初めて船舶を航行させるとき又は船舶検査証書の有効期間が満了した時に受ける精密な検査
(2)中間検査
   定期検査と定期検査との間に受ける簡単な検査
(3)臨時検査
   改造、修理又は設備の新替え等を行ったときに受ける検査
(4)臨時航行検査
   船舶検査証書の交付を受けていない船舶を臨時に航行させるときに受ける検査

検査の時期(定期検査、中間検査)

定期検査及び中間検査は一定の周期で受けるもので、その時期は以下のようになっています。

定期的な検査の受検時期は、中間検査で6ヶ月、定期検査で3ヶ月の受検時期があり、この間に受検すれば次回検査の受検時期が繰り上がることはありません。受検時期以前に受検した場合は、次回検査の時期が繰り上がります。